今天朋友在群里问了这个问题,我顺手查了一下,发现对于鱼雷造价的中文资料不是很多,暂且记录/翻译一下插到日文资料

首先是雅虎上的一个提问

第二次世界大戦時の各国で使用していた艦艇用魚雷1発(日本は93式酸素魚雷の61センチ)の値段と一番大きい戦艦の砲弾(徹甲弾)1発(日本は大和、武蔵の46センチ)の値段の価格差はどれぐらいだったのですか?

回答

大和型戦艦の資料は敗戦後直ぐに焼かれてしまったため、なかなか判らないことはたくさんあります。46センチ砲弾の価格もそのひとつですが、前級である長門型の40センチ砲弾が一発1000円程度だったと言いますからまぁそこらへんから類推して下さい。
一方、魚雷の方は人口に膾炙するレベルで伝わっています。かの有名なキスカ撤退作戦において、霧の中の島影を敵艦と見誤って雷撃してしまった軽巡「阿武隈」の水雷長が詠んだ狂歌が「一番が敵だ敵だとわめきたて あっと撃ち出す二十万円」。魚雷四発二十万円、一発五万円…ってのが前提になってる狂歌ですね。

ま、そんなわけで、戦艦の一斉射撃で一発あたるのとと魚雷一発の命中はほぼ等価等価値と考えられており、それだけの打撃を中小艦艇でも与えられる魚雷に日本海軍はやたらと多くのことを期待したわけです。

渣翻

因为大和型战舰的资料在战败之后立即就全部烧毁了,搞不清的事情有很多。46cm炮弹的价格也是其中之一,之前长门型的40cm炮(40?不是41吗)的炮弹一发据说大概1000円左右,据此大概可以推断一下大和的炮弹价格。
另一方面,因为鱼雷在坊间人气比较高(不愧是水雷魂)。在那个有名的基斯卡岛撤离作战中(3-2还行),将雾中的岛影误认为是敌舰发射鱼雷的轻巡「阿武隈」的水雷长咏的狂歌中「重中之重为杀敌 一发射出二十万」(?)。是以鱼雷四发二十万円,一发五万円为前提的狂歌。
所以,如果将战舰齐射命中一发和鱼雷命中一发的伤害价值同等考虑的话,在仅此而已的伤害中,中小舰艇发射的鱼雷承载了IJN对许多东西的期待呢。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11177349311

我顺手查了一下当时的汇率

今年はまだ終わってないので
去年2005年の企業物価指数は664.9。
これを戦争中(1931年から1945年)の
企業物価指数で割れば、
物価(通貨価値)が何倍か計算できますよね。

1931年の100円は現在の 664.9/0.748*100= 888903 円
1932年の100円は現在の 664.9/0.830*100= 801084 円
1933年の100円は現在の 664.9/0.951*100= 699895 円
1934年の100円は現在の 664.9/0.969*100= 686171 円
1935年の100円は現在の 664.9/0.994*100= 668913 円
1936年の100円は現在の 664.9/1.036*100= 641795 円
1937年の100円は現在の 664.9/1.258*100= 528537 円
1938年の100円は現在の 664.9/1.327*100= 501055 円
1939年の100円は現在の 664.9/1.466*100= 453547 円
1940年の100円は現在の 664.9/1.641*100= 405180 円
1941年の100円は現在の 664.9/1.758*100= 378214 円
1942年の100円は現在の 664.9/1.912*100= 347751 円
1943年の100円は現在の 664.9/2.046*100= 324976 円
1944年の100円は現在の 664.9/2.319*100= 286718 円
1945年の100円は現在の 664.9/3.503*100= 189809 円

忽略掉2005到现在cpi的变化的话,按1940年的100円=现在405180円,来算大概九三式鱼雷一根200w円左右。

之后还找的一个u艇的游记中提到的u艇使用的鱼雷价格,大概是鱼雷一发在当时的德意志大概可以买一座中等规模的住宅。比较符合200w円能干的事情了。

ちなみに魚雷は極めて高価な兵器でもあり、クレーマーによると、
魚雷一本で、当時のドイツでは中規模住宅が一軒買えるような値段だった、との事。
まあ、それでも貨物船を一隻沈められるなら割にあったのでしょうけども、
外れたらドイツ海軍大赤字となります。

http://majo44.sakura.ne.jp/trip/2017dayton/0705/26.html

想想了解这个造价最好的方法可能还是去吴港或者横须贺这样的地方参观现存的鱼雷,可能会有写当时的造价吧、
还有一个顺便查到的就是现在的鱼雷造价

◆ 潜水艦の2億円魚雷、誤って海に落とし壊す 広島・呉、海曹ら処分

潜水艦の魚雷(約2億円相当)を誤って海に落下させ壊したとして、海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)は13日、練習潜水艦「おやしお」所属の男性1等海曹(43)と、上司の2人を戒告処分にした。
総監部によると、海曹は、魚雷を陸揚げする作業中に操作を誤り、海に落とし損壊。船体の一部も破損させた。

海曹は「手順を失念してしまった」と話しており、上司も誤った作業を見過ごしていた。
壊れた魚雷は使えなくなったという。

このほか72日間欠勤したとして、呉基地業務隊補充部に所属する40代男性海曹を懲戒免職とした。
「仕事への意欲を失った」と話しており、大阪市や名古屋市の公園やインターネットカフェを転々としていたという

原文是产经的一个新闻,但是新闻原链接已经打不开了,只能打开讨论串:
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510579183/
大概就是潜水艇的鱼雷(大概2亿円相当),不慎落到海里损坏
2亿円的鱼雷emmmm不知道是不是火箭助飞鱼雷(潜艇能用吗
这个大概就是现在鱼雷的价格,不过我觉得火箭助飞鱼雷的价钱和普通发射方式的鱼雷价格差距可能还会蛮大的(

Leave a comment

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注